今鹿だけど照屋

福岡で浮気の調査はどこでするの?失敗したくない人は見て!
法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを不倫といいます。すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗することがないことはないのです。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を掴みきれません。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあり得ます。逆に、浮気する可能性の高い日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など様々な角度から検証して裁判所が慰謝料を決めます。本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。探偵に依頼する方が、浮気の証拠を確実につかむことができます。自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。しかし、相手を責めたてても浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*